昨日載せたイヤーモデルの一枚革の説明はとても分かりづらいとご指摘を受けました。

ジョンロブきたら~




コレだ!

ワン、




トゥ~、







スリー!!



ベルルッティ インディオ!


ジョンロブのさり気ない凄さ、

ベルルッティのどっから見てもな凄さ。



どちらもスゴイ!



ソールもかなり凝っています。


よーくみると、



vibram社の文字が。

聞くところによるとベルルッティがビブラムに特注しているそうで、すべて手作業で付けついるそうです。




間違いなく履きこなすのは難しい!

この靴のオーナー様はとてもオシャレな方で私の時計師匠!

いつも勉強させてもらってます!

時計は本当に奥が深い。。。

一つ一つの細かな部品だけで正確に時を刻むんです。
それだけではなくグラコンモデルにもなると、、、

もう意味不明です。

何がそうさせるのか。。。



ジュルヌのレゾナンス


いつかは欲しい時計~(>_<)


シャイナーKENでした!


やっぱ靴も欲しい~(>_<)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shoeshinerk.blog90.fc2.com/tb.php/93-5ca7a7e8