上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、

シャイナーkenです。

昨日は誕生日で飲み過ぎました。。。

27日の0:00には、KINさんと電話で熱く語り、

誕生日が終わる昨夜もKINさんと靴のウエストとつま先の形について熱く語り合ってました。



靴が好きなのかKINさんの事が好きなのか。。。笑


そんな自分の誕生日

自分へのご褒美が





届きました!!


たまには靴以外の事も(^^)





磨き屋シンジケート ビアタンブラー



毎日晩酌の私。

「お客さんからビールグラス変えるだけで味が全然違うよ!」と言われて、

ネットで調べていたらこちらを発見!!


こちらのビアタンブラーを作っているのが新潟の燕市の研磨集団


【磨き屋シンジケート】


(なんか物凄くかっこいいぞ!!)


燕市は研磨工場が多くて、その技術は世界的にも有名だそうです。

デニムは倉敷、メガネは鯖江、キャバクラは中野、研磨は燕!!

わ~なんか日本の職人って凄いなぁ~!と改めて感動(≧∇≦)


この燕市の技術に惚れ込んだのが

アメリカのApple社


iPodの裏の鏡面仕上げは日本の燕市が請け負っていたとの事。

当時Apple社からの急増する注文に対応するため、燕市の研磨会社が集まって「磨き屋シンジケート」を結成したそうです。

最盛期の03年頃には20社近くがiPodを磨いており、1日当たり1万5000~2万台が仕上げられていたといいます。

凄いぞ日本の技術!!

通常、研磨のレベルは

800番で鏡面と言われているそうですが、

ここの職人さんたちは1000番まで磨く技術があるそうです。
なんかわからないけど凄いですね(≧∇≦)


そんな匠の技で研磨されているのがこのビアタンブラー!


この研磨技術で泡がクリーミーになりビール本来の味がすると(≧∇≦)



早速、、、



晩酌を( ̄Д ̄)ノ


普段は発泡酒オンリーですが、やっぱり最高のグラスには最高のビールをという事で

普段はコンビニで絶対手を伸ばさない右の棚の上の段、、、


エビス!!


しかも、奮発してロイヤルセレクション( ̄Д ̄)ノ


レジで店員に渡す時にはいつもより得意げに

「お願いします。」と。

ピッと、鳴ったレジの画面には

348円の文字。

「発泡酒とは訳が違うからな」と自分に言い聞かせて(^^)


この最高のビールを最高のグラスで注ぐ!

帰り道は軽やか(≧∇≦)


そして、お味は、、、



もう言う事ありません。

一言だけ言わせてもらいますと、、、



「サイクゥ~(≧∇≦)」

です。


私が買ったタンブラーは2重構造なのでずっと冷たいままの美味しいビールが。

何でもっと早く買わなかったのかと。。。


日本の職人の技術に乾杯~!!



普段家でお酒を飲む方には是非是非オススメします!

サイトではタンブラーにネームを入れたりのサービスもあるので、お酒が好きな方へのプレゼントにもとても喜ばれると思いますよ!!


靴磨きてまも1000番の鏡面を目指して、、、


シャイナーkenでした!!



多くの方からお祝いのメールを頂きました(≧∇≦)

この場を借りてありがとうございます(≧∇≦)

そして、GWは通常通り

月、水、金で営業してますので普段来られない方も是非お待ちしております!!



POLISH MADE SHOESHINE虎ノ門店
住所:東京都港区西新橋1-7-14 ニュー&吉田スーツ内
TEL:080-3441-3123
MAIL:polishmadeshoeshine@gmail.com

営業日:月曜・水曜・金曜 (悪天候の場合はお休みあり)





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shoeshinerk.blog90.fc2.com/tb.php/583-73c73978
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。