2014.04.18 JOHN LOBB matta
落ち着いた空間

JAZZを聴きながら

淹れたてのセブンイレブンのコーヒーを一口。。。

よし、靴磨こう!!

そんな時間素敵ですね(^^)



シャイナーKENです。




JOHN LOBB matta


何年前のロブでしょうか。




間違いなく今のロブと雰囲気がちがいます。


多分ボノーラで作ってた頃のロブですね。


革質も今と違って肉厚です

コバの雰囲気も全く違います。


そして




中を見てみると

見にくいですが、ウエスト部分に縫い糸が見えます。

前半部分には縫い糸が見えないので

おそらく、前半分がハンドソーンで後ろ半分が手縫いでマッケイの製法かと。

今の既成靴にはない手間のかけかたですね。


手間をかければいいといった問題ではないと思いますが、

丁寧に手作業で作られるモノには、

機械式では出せない独特の雰囲気があります。

今のロブのしっかりとした雰囲気が好きな方もいれば、

この靴のような雰囲気が好きな方もいるので

こればっかりは完全に好みの問題になってきますが、、、

ま~これだから靴はやめられない!!




シャイナーKENでした!


手の雰囲気


解りやすくいいますと、、、



こんな感じ(^^)

ウィスキーコードバンのダレスバックですが、

この雰囲気はすごい!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shoeshinerk.blog90.fc2.com/tb.php/392-66293cf9