最近ファッション雑誌をめくると

靴のページには日本の靴メーカーの技術の高さや
コストパフォーマンスの良さなど
が色んな雑誌で取り上げられています


私も日本のメーカーだとペルフェットのダブルモンクを2足所有しておりますが
履き心地は申し分なく
なにより完成度の高さから数ある靴の中でも
2足共に履く頻度がかなり高いです




日本の手製靴の丁寧な作りは世界一と言っている専門家がいますが、

日本の既成靴も素晴らしい

ペルフェット

リーガル

大塚製靴

スコッチグレイン

宮城興業

三陽山長

などなど、、、


お客様が履いてる日本製の靴を磨きますが


素晴らしい靴ばっかりで、


お値段を聞いては驚いております。。。



そんな本日の一足!






三陽山長 勘三郎

日本を代表するブランドの代表モデル


すなわち

日本の既成靴を代表する一足










丁寧な作り




日本伝統技法のヤハズ仕上げ

コバを削る事で厚みを薄くみせる技





スキンステッチのUチップで有名なのは

エドワードグリーンのドーヴァーですが

全く劣っていません。



いつも私の隣には靴も作れるシューシャイナー

[シャイナーKIN]

がいるので色々教えてもらってますが

日本の靴は細かいところの手のかけ方が上手だと言っていました。。。




こちらも三陽山長ですが素晴らしい靴ですね


ぜひ選択肢の一つにしてみて下さい!


シャイナーKENでした!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shoeshinerk.blog90.fc2.com/tb.php/243-6ea8edeb