上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
T様来店、、、


T様「大変だ~!!」

私「どーしたんですか!!」

T様「傷が。。。」

靴を見ると、



ジョンロブが、、、


確かに、大きくぶつけた跡が。。。


階段や、電車の中などでは注意しててもぶつけてしまうもの。

私もしょっちゅうぶつけて傷つけています。

履きおろしの日にハデにつま先を傷つけたジョンロブを磨く度に、
「あの時の傷だ~懐かしいなぁ!

この傷もアジじゃ~!!」



、、、




と、心の底から言えない。。。


私、

シャイナーKEN。




T様はいつも磨きに来て頂いてるので、








簡単に治りましたとさ。。。


この靴の場合は普段からワックスでお手入れされていたので、
革までは傷が付かずにワックスが傷から守ってくれたのです。



ワックスを使うと革が割れるとか、

革が呼吸できなくなるのでは??

と、よく聞かれますが、

確かに履きシワの部分に厚くのせると割れる可能性はあります。


甲の部分には芯が入ってなく
屈折する部分なので私もなるべく薄く乗せています。

つま先や踵は芯が入っていて殆ど屈折しないのでワックスをのせても大丈夫です。

私も靴によっては、
鏡面ピカピカ~にしてる靴もあれば、
全く光らせない靴もあります。

個人的には光ってる靴のほうが好きですが、
普段スーツでビシッと決めることがあまりないので
ツヤツヤ~な感じを好んで自分の靴は磨いております!


今回の靴のように

大切なT様の靴を

私の磨き(ポリッシュ)で守った。



[NO POLISH NO LIFE!!]



ですね!



シャイナーKENでした!




最近、私の隣が定位置の

靴磨き界のクッキングパパ!

頼りになります!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shoeshinerk.blog90.fc2.com/tb.php/165-8bedf1af
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。