上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.11.27 alden 実験その1
どうも、

シャイナーKEN改め、


中山KENに君です。


おいっ、筋肉!おいっ、筋肉!

最近全然ブログを更新していないみたいだが

今日はどうするんだいっ??


おいっ、筋肉!!

ブログを書くのか~?


書かないのか~?


どっちなんだっ!?



う~ん



、、、




書~~くっ!!( ̄^ ̄)!!






、、、




書きたいネタは山程




コレは必見!




コレは重大ニュース!





なんだ?なんだ~?



そしてお客様の靴も



ロンドンビスポークや、








パリビスポークも、






コレはどこでしょう?(^^)


そして、オールデンリジェクトの紹介などなど、、、



他にも沢山ありますよー!!



そんな中で本日は、

前回があまりの大好評ぶりに

思わずそのままにしておいた、、、




コードバン実験の第二弾!!


今回実験するのは、

第一回目のテストで

水道の蛇口でジャブジャブと洗ってもしっかり栄養を与えれば蘇る!!を実践してくれた、、、




オールデンプレーントゥ(ブルックスネーム)

と、



実験用に現地調達
ホーウィン社製コードバン!!


と、




no.8チャッカブーツ(未使用品)




まずは、気になる実験の内容ですが、


その1 コードバンに本当に良いクリームとは?


その2 オールデンの純正防水スプレーの効き目

その3 水染みの対処法


その4 コードバンの独特の履きジワをあえて作らない



こんな感じでしっかり何回かに分けて書いて行きますよ!!



そんな本日は、


その1!!

コードバンに本当に良いクリームは??

です。



今回使うクリーム



わかりやすいように1番薄いホーウィン社のウィスキーコードバンで実験


手前から

一枠1番サフィール コードバンクリーム

二枠2番コロニル ディアマントクリーム

三枠3番サフィールノワール デリケートクリーム

4枠4番レッドウイング純正ワックス

5枠5番新喜皮革 コードバンワックス

そして、6枠6番は期待のクリーム!

ホーウィン社の社長に直接

「ホーウィンのコードバンに1番良いクリームはなんだ!?」

と、聞いたら

「ズバリ、秘密だけどコレだよ」

と、教えてくれた期待のクリーム!!

日本未発売。



そして、7枠は

目には目を、

馬には馬をで、

馬油100%の油。



最後に8枠、モウブレイのデリケートクリーム!


出揃いまして


実験のスタート!!



塗り塗り。。。




塗り塗り塗り。。。


と、確実に地味な作業ですが

均一な量と、均一な力で

神経を集中しすぎて右手人差し指がつるぐらいの集中力。







塗布終了。

そして、

5分後の状態、10分後、20分後と状態の確認をしていきなが

最後にブラッシングして乾拭き。




そして2日後。。。



「なるほどね。。。」



実験終了。



結果をしっかり書きたいところですが、、、


一緒に今回の実験を見守ってくれたMさんに

「KENさんコレを全部公表したらダメですよ」と、

ご指摘を受けたので、、、


今後のコードバンケアのメニューにしっかり活かしていきます!!


と言って閉めるとブーイングの嵐なので、

今回の実験でわかったホームケアでのアドバイスを少し!



今回試した革がホーウィン社の中でも最も薄いウィスキーコードバン、
しかも状態は乾燥しきってカラカラの状態。

言うならば

【最もトラブルが起きやすいコードバン】

そんな状態なので

少量入れただけでも染みになったクリームもありました。

油分がしっかり入ったのに全く染みにならないものや、

しっかり油分が入り滑っとした私好みのクリーム、

磨きの下地にもってこいなツヤのクリーム、、、

どれも仕上がりの状態が全然違います。

黒やバーガンディのような濃いお色の革はそんなに気を使わなくていいと思いますが

普段のお手入れで使い勝手が良いのは

やっぱり



ディアマントでしょうね。


コードバン以外にもほとんどの革に使えますし時間もかからない。
しかし、必要な栄養、適度なツヤはしっかりだしてくれる最高のクリーム!

デリケートクリームはほとんどが水分ですので、
油分が不足しがちなコードバンには油分をしっかり補えるクリームを薄~く薄~く入れてあげて下さい(^^)


まだまだ実験は続きますが

今日はこのへんで(^^)

さすがにタンナーの社長さんの言うことは本当でした

ホーウィン社コードバンとは抜群の相性。

今後もっと研究してメニュー化できたらと、、、





シャイナーKENでした!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。